立法めざす議連、発足へ 外国の人権侵害に制裁

有料会員記事

[PR]

 外国で起きた重大な人権侵害に制裁を科す日本版「マグニツキー法」の議員立法をめざし、近く超党派の国会議員連盟が発足する。米国のバイデン新政権は人権問題に厳しい姿勢で臨む方針で、新疆ウイグル自治区での人権侵害などが米中の新たな火種となっている。日本政府は両国のはざまで対応に苦慮するとみられ、法整備には…

この記事は有料会員記事です。残り1115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。