着床前診断、拡大へ最終案 なお慎重論、さらに協議へ 日産婦

有料会員記事

[PR]

 遺伝病を防ぐために受精卵遺伝子を調べる「着床前診断」について、日本産科婦人科学会(日産婦)は7日、対象とする病気を拡大する最終案を示した。成人になるまでに命を落としかねない病気だけでなく、年齢はかぎらずに日常生活に大きな影響がある重い病気も加える。ただ異論もあり、日産婦は今後、関係学会などと協議…

この記事は有料会員記事です。残り975文字有料会員になると続きをお読みいただけます。