司法予備試験、合格率最高に

有料会員記事

[PR]

 法科大学院を修了しなくても司法試験の受験資格を得られる「予備試験」の昨年の合格者は442人(前年比34人減)で、合格率は2011年の開始以来最も高い4.17%(同0.13ポイント増)だった。法務省が8日発表した。1万608人が受験し、合格者の最年少は18歳、最年長は59歳で、平均年齢は25.89歳…

この記事は有料会員記事です。残り4文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!