(語る 人生の贈りもの)伊東四朗:1 舞台は生きもん、今まで後悔ない

有料会員記事

[PR]

 ■喜劇役者・伊東四朗

 ――年男の今年、3年ぶりの舞台に立ちます。

 積極的にやりたいと言ったわけではないです。スタッフが考えてくれました。以前は毎年やってたんですけどね、80代になって初めて懸念みたいなものが出てきてるなあ。3歩でぱっと行けたところも、なんだか4歩になりそうな気もするし、リズム…

この記事は有料会員記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る