名目賃金2年連続減、コロナ影響

有料会員記事

[PR]

 厚生労働省が9日発表した2020年の毎月勤労統計(速報値)によると、名目賃金にあたる労働者1人あたりの月額の平均現金給与総額は前年比1・2%減の31万8299円で、2年連続で前年を下回った。

 新型コロナウイルス禍による経済への打撃で、残業代が減ったことなどが響いた。

 基本給などの「所定内給与」…

この記事は有料会員記事です。残り177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!