(私のイチオシコレクション)京都画壇 京都市京セラ美術館 中谷至宏

有料会員記事

[PR]

江戸期に源流、花開いた画才 学芸係長・中谷至宏

 江戸後期、京都では円山応挙四条通周辺に住んだ呉春(ごしゅん)らが写実的な描写を新たに取り入れ、「円山四条派」として注目されます。その流れをくみ、画塾や画学校などで学び、展覧会で競い合う画家の中から竹内栖鳳上村松園らが頭角を現します。当館は彼…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら