万葉集から見える「中国」「律令国家」 通説打破の試み 奈良大教授・上野誠さん

有料会員記事

[PR]

 「万葉集」に古きよき日本の原像をみる人は多い。ただ、背後に広がる古代東アジア世界の息吹を感じ取る人は少ないかもしれない。上野誠・奈良大教授の『万葉集講義』(中公新書)は、そこに秘められた国家整備の構造的メカニズムをえぐり出す。ねらいは、この「国民文学」がまとう通説の打破だ。

 奈良時代に成った万葉…

この記事は有料会員記事です。残り1128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。