(現場へ!)女性とからだ:4 妊娠は私が選ぶ、差別越えて

有料会員記事

[PR]

 優生保護法の改正を阻止しても、女性たちは勝利したとはいえない――。「82優生保護法改悪阻止連絡会」(阻止連=ソシレン)の大橋由香子さん(61)は、そう思っている。

 優生保護法は1996年、優生思想だけを削除した母体保護法に変わった。「経済的理由」での中絶は、今でも可能だ。だが、「女性の選択を保障…

この記事は有料会員記事です。残り1146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。