川淵氏案、政府難色で一転 事務総長が何度も電話

有料会員記事

[PR]

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)から後任として就任を求められ、前向きだった川淵三郎氏(84)が12日、一転して要請を辞退した。森会長のトップ交代案に、政府が難色を示したという。▼1面参照

 「川淵おろし」の動きは11日に「川淵氏に就任要請」のニュースが広がった直後、すで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。