(そよかぜ)切手になった丸腰の英雄 アフガニスタン

有料会員記事

[PR]

 縦約5センチ、横約4センチの白い切手。背広姿で穏やかな表情を浮かべる男性の肖像画があしらわれ、その下にはこう書かれている。「テツ・ナカムラの人道活動をしのんで」

 アフガニスタンで新しい切手が発行されることになった。2019年12月に殺害されたNGO「ペシャワール会」の現地代表、中村哲医師(当時7…

この記事は有料会員記事です。残り713文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載そよかぜ

この連載の一覧を見る