[PR]

 女性蔑視発言の責任を取り、辞任を表明した東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)の後任選びが一転、白紙に戻った。森氏による「密室」での後継指名に異論が続出。いったんは受け入れた川淵三郎氏(84)も辞退した。一連の問題は日本の組織の古い体質もあぶり出し、簡単に収まりそうにない。▼1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも