株高、実体経済と乖離 金融相場の側面 東証3万円台

有料会員記事

[PR]

 日経平均株価が15日、30年半ぶりに3万円の大台を回復した。米国の追加経済対策など財政支援策への期待が高まるうえ、企業業績の回復や新型コロナウイルスのワクチン接種などの動きも好感された。ただ、かつて3万円台だったバブル期のような景気の実感は乏しく、実体経済との乖離(かいり)が浮き彫りになっている…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら