感染状況と対応、経済回復に明暗 各国GDP

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍は昨年10~12月期も世界各地で猛威を振るい、経済の回復度合いは、感染状況や対応によって明暗が分かれた。欧州は再びマイナス成長に沈み、堅調な回復ペースを保った日本も、国内総生産(GDP)の水準で見れば、まだコロナ前に届いていない。いち早く成長軌道に戻った中国は勢いを増し、ほかの主要国との差…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら