日ロ関係「憲法枠内で」 北方領土交渉拒否か プーチン氏

有料会員記事

[PR]

 ロシアのプーチン大統領は、14日に放映されたロシアメディアのインタビューで、「日本との関係は発展させたいが、憲法に反することは何もしない」と述べた。領土の割譲禁止を盛り込んだ昨年7月の憲法改正をふまえ、北方領土の日本への引き渡しを拒否する考えを示した可能性がある。

 改正憲法をめぐってプーチン氏が…

この記事は有料会員記事です。残り601文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!