[PR]

 誰が見ても、ゴッホ風のタッチと思うだろう。明治の世にあっては、日本で実物のゴッホ作品を見ることなどはできず、画家たちは雑誌「白樺(しらかば)」などに載った図版で学んだとされる。特に夕暮れとおぼしき太陽。中心は黄色、周囲は緑やオレンジの厚塗りのタッチを重ね、まるで回転するかのような表現は、まさにポス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも