鉄鋼業界、目標50年前倒し 「CO2排出、2050年実質ゼロ」 政府に追随、乏しい達成根拠

有料会員記事

[PR]

 鉄鋼業の業界団体「日本鉄鋼連盟」が今月、業界の二酸化炭素(CO2)排出を2050年に実質ゼロとする目標を発表した。18年11月に「2100年に実質ゼロ」を掲げたが、政府が昨秋に「50年に実質ゼロ」を表明したのを受け、わずか2年余りで50年前倒しした。だが、今回発表された取り組み内容は従来と大差なく…

この記事は有料会員記事です。残り801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!