[PR]

 大成建設は16日、セメントではなく、二酸化炭素(CO2)でつくった炭酸カルシウムが原料のコンクリートを開発したと発表した。工場の排ガスから回収したCO2を使う。「カーボンリサイクル・コンクリート」として、建設現場で取り入れたいとしている。

 コンクリート1立方メートルあたり70~170キロのCO2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも