(インタビュー)「ふつうの人々」撮る理由 映画監督・原一男さん

有料会員記事

[PR]

 映画監督の原一男さんが水俣病と闘う人々を追った「水俣曼荼羅(まんだら)」が今年、公開される。型破りの「過激な人」を主人公にしたドキュメンタリーで知られる監督だが、近年は社会問題に直面する「ふつうの人々」の群像を描いている。作風が変わった背景にあるのは、自身の75年の人生と重なる戦後日本の社会の変化…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら