機械受注は急増、コロナ前水準に 20年10~12月

有料記事

[PR]

 内閣府が17日発表した機械受注統計(季節調整値)で、代表的な指標となる「船舶・電力を除く民需」の2020年10~12月分は前期より16・8%増の2兆5970億円だった。増加は6期ぶりで、伸び率は比較可能な05年以降で最大。設備投資を再開する動きが幅広い業種に広がり、金額ではコロナ前の水準を回復した…

この記事は有料記事です。残り181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!