CO2に「値段」、議論開始 産業界の協力が焦点 経産省

有料記事

[PR]

 二酸化炭素(CO2)排出に「値段」をつけて企業などに削減を促す「カーボンプライシング」(CP)について、経済産業省の研究会が17日、導入に向けた議論を始めた。まずは削減が不十分な国からの輸入品関税をかける「国境調整措置」を検討する姿勢。「炭素税」など別の手法に前向きな環境省との温度差もあり、政府…

この記事は有料記事です。残り943文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!