(記者が歩く 東日本大震災10年:2)祈りの舞「当たり前にそこに」

有料会員記事

[PR]

 10年前の東日本大震災の時でも中止されることがなかった伝統行事が岩手県沿岸部にあるという。甚大な被害を受けた人々にとって、どんな存在なのか。私(26)は訪ね歩いた。

 夜の山を歩く。「オオーー」。男たちのかけ声。ほらの音が響いている。

 昨年7月、宮古市。私は神社の儀式の取材に向かった。住宅街から…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら