モーツァルトのオペラ、「最適距離」提案 バリトン宮本益光らが「フィガロ」上演

有料会員記事

[PR]

 モーツァルトのオペラは「人間の教科書」だ。人そのものより、人と人の関係性を活写する。その全作品の上演と録音を目指し、バリトン歌手の宮本益光が結成したモーツァルト・シンガーズ・ジャパンの「フィガロの結婚」(10日、東京・王子ホール)は、オペラが現代社会を生き抜く「最適距離」を提案するものだった。

 …

この記事は有料会員記事です。残り591文字有料会員になると続きをお読みいただけます。