(評・舞台)国立劇場「2月文楽公演」 重厚さと悲嘆、対比が際立つ

有料会員記事

[PR]

 2月の文楽は、鶴澤清治文化功労者顕彰記念公演。第一部は「五条橋」と「伽羅先代萩」。竹の間(靖太夫・錦糸)に続く御殿は、鶴喜代君(勘次郎)を守る乳人政岡の、忠義と情とが交錯する重厚な前半部分を呂勢太夫・清治、我が子の千松(簑太郎)を失った政岡の悲嘆が横溢(おういつ)する後半部分が錣太夫・藤蔵で、「静…

この記事は有料会員記事です。残り557文字有料会員になると続きをお読みいただけます。