(声)語りつぐ戦争 ソ連侵攻、中学生も実弾込め武装

有料会員記事

[PR]

 無職 大久保愛光(埼玉県 90)

 ソ連軍が侵攻してきた1945(昭和20)年夏。旧制中学3年の私は、旧満州中国東北部)牡丹江で寮生活を送っていた。家族は父の転勤で満ソ国境の町にいた。

 寮生数十人に先生の指示は武装。軍事教練でかつぐ三八式歩兵銃に初めて実弾を込めた。腰には短剣。外見は少年兵とな…

この記事は有料会員記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る