(声)語りつぐ戦争 焼夷弾への備えがバケツ・砂袋

有料会員記事

[PR]

 無職 塚原謙二(千葉県 90)

 「敵機襲来!」。隣組長が叫ぶ。「鈴木さん宅に黄リン焼夷(しょうい)弾落下」と町内会長。隣組の防火演習の始まりだ。

 私たち子供も年配の人も、防火用水からバケツリレーで水を運び、家にかける。竹ざおの先に縄の束を付けた火たたきで屋根をたたく。砂袋を両手に提げて走り寄り…

この記事は有料会員記事です。残り330文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら