(声)語りつぐ戦争 ソ連侵攻、父残し突然の避難

有料会員記事

[PR]

 無職 寺川正子(愛媛県 87)

 私の一家は旧満州中国東北部)東部の佳木斯(ジャムス)で暮らしていた。父は満鉄に勤めていた。私が国民学校6年生だった1945(昭和20)年の夏休みごろ、ソ連の飛行機がビラをまき始め、現地の人が「日本は戦争に負ける」と言うのを聞いた。

 8月9日夜、爆音が響いた。翌…

この記事は有料会員記事です。残り289文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る