(書評)『性の歴史4 肉の告白』 ミシェル・フーコー〈著〉 フレデリック・グロ〈編〉

有料会員記事

[PR]

 ■情欲は非意志的、自己内の解読へ

 本書はミシェル・フーコーの『性の歴史』の第4巻である。フーコーは生前に原稿を書き上げ、出版社に委ねたという。しかし、著者の遺志によってこの本は刊行されないままとなり、権利承継者の許可によってようやく日の目を見ることになった。30年以上の時を隔てて私たちの手元に届…

この記事は有料会員記事です。残り1148文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら