(受験する君へ)準備が大事、悪いイメージ持たずに バレーボール選手・山口拓海さん

[PR]

 受験生にとって縁起のいいポジションを務めています。守備専門の「リベロ」です。ボールは「落ちない」「落とさない」――。バレーボールのルールでは、リベロはスパイクやサーブを打ってはいけないし、ブロックにも跳べません。得点は挙げられないけれど、どんな球にも食らいつく。床際に飛び込んで拾い上げます。

 中3の夏、バレー部の練習で利き手の右小指を骨折してしまいました。親指と人さし指でペンを握り、勉強しました。塾でもらったペンに「believe yourself」と書いてありました。自分の力を信じ、机に向かいました。

 あこがれていた群馬県立高崎高校に入学できましたが、勉強についていくのが大変でした。英語は毎日、教科書の見開きくらいの分量の日本語を英訳する宿題が出ました。世界史の宿題は、空欄だらけのプリントでした。辞書で調べ、資料を読み込み、書いていく。部活との両立は楽ではなかったけれど、毎日続けたことで力がつきました。

 主将を務めたバレー部を引退したのは、3年の11月、大学入試センター試験(当時)の2カ月前でした。夏の全国高校総体の県予選で敗れ、引退するか、続けるか迷いました。全国大会を逃した悔しさが強かったので、冬の春高(全日本高校選手権)出場を目指し、練習を続けました。春高も予選で負けてしまいましたが、悔いはなかった。引退後、勉強に集中できました。

 バレー部の強い筑波大を一般受験でめざしました。模試の結果は、ずっと合格確率50%のC判定。でも、「可能性はある。大丈夫」と気楽に考えました。

 レシーブも同じです。悪いイメージを持ってしまうと、いいプレーはできません。構える前に、ミスをすることは考えない。体の力を抜いて、準備します。受験も、合格して喜ぶ姿を想像して、勉強する方がきっと頭に入ってきます。

 菓子メーカー「東ハト」と協力して、SNSで応募してくれた受験生に、Vリーグの22チームのリベロから、合格祈願のお守りのカードを抽選でプレゼントしました。僕は「Do your best!!」と書きました。

 レシーブと同じように、受験も準備が大事。そして、最後は気持ち。今まで積み重ねてきたことを信じてください。目の前のことを一生懸命やれば、大丈夫です。(聞き手・木村健一)

私の勝負飯 おにぎり二つ、中身は日替わり

 高校時代、母はいつも1合のご飯、6種類のおかずに加え、おにぎりを二つ作ってくれました。中身は日替わり。そぼろ肉、ショウガ焼き、トンカツ、鶏ゴボウ……。いつも楽しみでした。

    *

 やまぐち・たくみ 1997年生まれ、群馬県高崎市出身。小学1年でバレーボールを始め、中学時代に全国大会に出場。群馬県立高崎高校から、一般入試で合格した筑波大体育専門学群へ。昨春の卒業後、Vリーグの東レに入り、リベロとして活躍。

 ◇朝日新聞デジタルは、1月8日以降配信の受験関連の記事を当面の間、原則無料で公開します。