「新政権と関係築く」 対中政策を調整 冨田駐米大使

有料会員記事

[PR]

 冨田浩司駐米大使が19日、就任後初めての記者会見を開き、バイデン政権との関係構築を急ぐ考えを示した。同盟国との協調を重視する新政権の方針を歓迎する姿勢も示した。

 駐韓大使だった冨田氏は、トランプ政権からバイデン政権への交代に伴い、駐米大使に任命された。オバマ政権時代に駐米公使や外務省北米局長を務…

この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。