(声)平和のバトン 旧海軍壕保全、熱意結集し前へ

有料会員記事

[PR]

 無職 金沢誠(長野県 71)

 地元に残る戦争遺跡を保全し、公開していこうという取り組みに加わるようになって半年が過ぎようとしている。先の大戦末期、旧海軍が市内村外れの山の斜面に壕(ごう)を掘削し始めたが、100メートルほど掘ったところで終戦となったため未完のままになっていた。松代大本営を長年調査…

この記事は有料会員記事です。残り263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら