夫と息子奪った石綿、妻の無念 謝罪と救済、訴えへ 25日最高裁弁論

有料会員記事

[PR]

 建設現場で舞ったアスベスト(石綿)が、夫と息子を奪った――。消えることのない悔しさを抱える妻が25日、最高裁の法廷に立つ。国と建材メーカーの責任が問われる一連の訴訟の弁論で、原告の一人として抜本的救済を求める。(阿部峻介)

 埼玉県川越市の大坂春子さん(77)は毎日、朝と晩に二つの遺影に語りかけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら