[PR]

 詩人・野村喜和夫(69)は内なる声にひきずられるように散歩を始めた。〈おまえはおまえの不安を駆れ〉。2020年2月下旬、新型コロナウイルスが存在感をみせ始めた頃だった。

 高血圧という基礎疾患を抱え、年齢も若くはない。感染すれば、命に関わる。不安を前に、ただおろおろと歩くしかなかった。

 「コロナ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも