コロナ軽症化する遺伝子の特徴――ネアンデルタール人から継承? 日本人の30%、ユーラシア大陸の半数

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスに感染したとき、症状が軽くてすむように働く遺伝子の特徴が、約4万年前に絶滅したネアンデルタール人から受け継がれているらしい。そんな研究結果を沖縄科学技術大学院大のスバンテ・ペーボ教授らが発表した。いまの日本人の30%ほど、ユーラシア大陸にすむ半数ほどがこのタイプにあたるという。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。