(憲法を考える)SNS凍結は「表現の自由」侵害か トランプ氏のアカウント、ツイッター社が永久停止

有料会員記事

[PR]

憲法を考える 視点・論点・注目点

 米国のトランプ前大統領の個人アカウントが米ツイッター社から永久凍結された。国境を超えて巨大な影響力を持つプラットフォーム企業と、一国の政治権力を掌握する大統領との対立をどうみるべきか。「表現の自由」の問題といかにかかわるのか。憲法というレンズを通して考える…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら