生活保護基準引き下げ、違法 減額決定取り消し 大阪地裁判決

有料会員記事

[PR]

 国が2013~15年に実施した生活保護基準額の引き下げは、生存権を保障した憲法25条に反するなどとして、大阪府の受給者ら約40人が、生活保護費を減額した決定の取り消しなどを求めた訴訟の判決が22日、大阪地裁であった。森鍵一(もりかぎはじめ)裁判長は、厚生労働相の判断過程に「過誤、欠落がある」として…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。