[PR]

 菊池寛の短編小説「形」は、槍(やり)の使い手として勇名をはせた武者、中村新兵衛が主人公だ。「槍中村」と呼ばれ、その兜(かぶと)と陣羽織が見えただけで敵兵は恐れおののいた。そんな彼がある日、主君の子息から兜と羽織を貸してほしいと頼まれる▼明日の初陣で敵を驚かせ、ぜひ手柄を立てたいのだという。戦場に「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも