[PR]

 「日本文化の継承」をうたう大相撲で、外国出身親方の存在感が増している。名門部屋の師匠が生まれ、現役横綱も親方になる見込み。ルールに従って「日本人」になった彼らの力が欠かせない時代だ。

 佐渡ケ嶽部屋から独立して丸4年、ブルガリア出身の元大関琴欧洲(38、鳴戸親方)が率いる鳴戸部屋に活気がある。力…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも