しらせ、初の無補給・無寄港 コロナ対策で異例づくし

有料会員記事

[PR]

 南極観測船しらせ(基準排水量1万2650トン)が22日、神奈川県横須賀市海上自衛隊基地の横須賀港に帰国した。新型コロナウイルス感染予防のため、日本と南極間の往復2万9千キロを無補給・無寄港で往復。1956年11月の1次隊出発以降初めてだった。

 1月19日に昭和基地沖を離れ、61次観測隊越冬隊2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。