(論壇時評)森発言の「成果」 更新を続ける価値観、変革の力 ジャーナリスト・津田大介

有料会員記事

[PR]

 東京五輪パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言で辞任した件で、欧米メディアから厳しい目が向けられている〈1〉。論調に共通するのは森発言の問題性だけでなく、発言を許容してきた日本社会・政治構造への疑問だ。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「女性政策を優先しなくても政権を維持できる風潮…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら