論壇委員会から

有料会員記事

[PR]

 四半世紀前、週刊誌「AERA」編集部にいました。冷戦終結の激動を伝える「ニュース週刊紙」が、女性や子どもや若者、サラリーマンの生き方の特集にも力を入れ始めた頃。市井の人々の心象風景を来る日も来る日も聞かせてもらった経験が、今の自分の土台になったのは間違いありません。

 当時は「おんな子ども路線」「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら