感染減少が鈍化、医療体制なお不安 専門家組織指摘 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織は24日、会合を開いた。全国の新規感染者数は減少傾向にあるが、最近はその減少幅が鈍化していると指摘。医療提供体制への負荷、変異ウイルスのリスクなどの不安材料もあげたうえで、「緊急事態宣言の解除がリバウンドを誘発することへの懸念に留意が必要」とし…

この記事は有料会員記事です。残り888文字有料会員になると続きをお読みいただけます。