(てんでんこ)岩手の「猫」、駆ける:2

有料記事

[PR]

 ■3密の避難所、門前払いにもめげず

 2011年3月14日、岩手医大教授の桜井滋(65)は岩手県沿岸の大船渡市に入った。3日前に発生した大津波で、沿岸の多くのまちが壊滅的な被害を受けていた。「医療機関はほとんどストップしている」と市の保健所長から報告を受けた。

 感染症の蔓延(まんえん)を懸念した…

この記事は有料記事です。残り672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る