NHK映らぬテレビ、一転「契約義務あり」 東京高裁「受信設備にあたる」

有料記事

[PR]

 NHKが映らないよう加工したテレビの契約義務が争われた訴訟の控訴審判決が24日、東京高裁(広谷章雄裁判長)であった。一審・東京地裁判決は契約義務を否定したが、高裁は電波の増幅器を付けるなどすれば映るようになる点を重視し、契約義務があると判断した。NHKの逆転勝訴となった。

 判決によると、原告はN…

この記事は有料記事です。残り244文字有料会員になると続きをお読みいただけます。