県民投票2年「なぜ顧みられぬのか」 沖縄・辺野古南側の土砂投入、4月にも完了

有料会員記事

[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の移設計画に伴う名護市辺野古の海の埋め立てについて、7割が反対票を投じた県民投票から24日で2年。民意を背に玉城デニー知事は反対姿勢だが、現場ではこの日も土砂が投じられた。また、防衛省沖縄防衛局は24日、面積ベースで全体の4分の1にあたる南側区域(約39ヘクタール…

この記事は有料会員記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。