石綿大阪訴訟、賠償部分確定

有料会員記事

[PR]

 建設資材に含まれる石綿(いしわた)(アスベスト)を吸って被害を負ったとして、近畿や四国の元作業員と遺族ら33人が国と建材メーカー22社に計約7億円の賠償を求めた裁判で、最高裁第一小法廷(深山〈みやま〉卓也裁判長)は原告・被告双方の上告をほぼ退けた。二審・大阪高裁判決のうち、国と7社に計約3億円の賠…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら