給付金詐取、被告に有罪判決

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルス対策として国が支給する持続化給付金100万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた沖縄タイムス社(那覇市)元社員、牧志秀樹被告(45)に対し、那覇地裁(森田千尋裁判官)は24日、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)の判決を言い渡した。森田裁判官は「新型コロナの影響で困…

この記事は有料記事です。残り31文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!