(それぞれの最終楽章)足し算命:7 患者「同志」の絆、深めて

有料会員記事

[PR]

 がんを患い患者のリアルな苦しみを日々味わっています。がん自体の苦しみとがん治療の苦しみ。足し算命を基本に前を向いていますが、心のどこかで死を意識しています。医者として理解していたつもりでしたが、そんな生やさしいものではありませんでした。

 リアルな苦しみを実感しているからこそ、面談でも、医師と患者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載それぞれの最終楽章

この連載の一覧を見る