(be report)震災とドキュメンタリー映画 ミクロの視点で描いた被災地10年

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災からまもなく10年。この間、膨大な数の震災に関するドキュメンタリー映画が作られてきた。記憶の共有、継承という点で映画の力は大きく、被写体と作り手、見る人たちをつなげる試みがされてきた。長期間、被災地に腰を据えて撮り続ける若い世代の監督も登場。年月を経てこそ見えてくるものを捉えた作品が生…

この記事は有料会員記事です。残り1817文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら