(ポップスみおつくし)ネット空間の声と歌い手 大阪市立大学教授・増田聡

有料会員記事

[PR]

「言葉」と「主体」、薄れる繋がり

 今年度の後期の授業では、ポピュラー音楽の歌詞研究の演習を行った。歌詞研究の基本文献を講読し「声により歌われる言葉」の研究史を確認する。こんにちの歌詞研究は、歌詞を言語として扱うよりも、歌唱行為全体の文脈の中で取り扱う傾向が強い。歌詞は単に言葉として解釈される…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

連載ポップスみおつくし

この連載の一覧を見る