(芸の足跡)田端義夫〈バタやん〉 激動の昭和、ギター手にわが歌を

有料会員記事

[PR]

 ギターを水平に高々と抱える独特のポーズ。「バタやん」という愛称で慕われた歌手・田端義夫である。ビブラートを利かせ、心の琴線に触れる歌を歌い続けてきた。トレードマークにもなった「オース!」という元気な声。多くのヒット曲を並べると、日本が激しく揺れ動いた「昭和」が浮かび上がる。

 生まれは三重県松阪…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

連載芸の足跡

この連載の一覧を見る